Header image
 

ナチュラル セルフ

〜あらゆるものは振動している〜

 
line decor
  
line decor
?
 
 

 
 
クリスタルボウルとは・・・


クリスタルボウルは超古代アトランティスの時代にヒーリングに使われていたと言われているクリスタル(水晶)でできた楽器です。

クリスタルボウルの音色は、 肉体レベル、感情レベル、精神レベルでの解放をもたらし、 エネルギーセンターである7つのチャクラを、調和、活性化させ、 深い癒しをもたらす音響ヒーリングです。

音のバイブレーションがわたしたちの細胞や脊髄にダイレクトに働き 肉体レベルでは血液の浄化、代謝、内分泌のバランスをもたらします。

脳波はアルファ波を超えシーター波に達します。

音のバイブレーション(波動)により「共鳴」・「調整」・「調和」が促されます。

クリスタルボウルは、粉砕された天然の水晶を大小さまざまなサイズや形状の型に入れ、摂氏2000度前後の高熱で溶解し、成型されていますが、元来、シリコンクリスタルを培養する器として製造されています。30年ほど前に、これらの器をマレットなどで叩いたりこすったりすると美しい振動音を奏でることが分かり、クリスタルボウルが世の中に紹介されるきっかけとなりました。以来、クリスタルボウルの音を使った音響療法の研究や実践が世界中に拡大し、現在に至っています。

30年ほど前の製造当初からFrosted(フロスティッド)と呼ばれる水晶の含有率が99、9%の乳白色ボウルが主流だったのですが、近年、水晶100%製や他の貴金属、ジェムストーン、鉱物などを混入して製造された新しいタイプの特殊ボウルが開発され、普及し始めています。

クリスタルボウルの振動音は、非常に純粋な正弦波形を描きながら響きますが、実際の計測では600m先まで音が到達することが確認されており、このような純粋な波形(超音波)は物体をも通過して拡散していきます。

人体は、潜在的にその内部に多くの共鳴性を有しており、実際からだは何億個もの水晶状の物質によって形成されているといっても過言ではありません。からだの骨は、二重らせん構造のコラーゲンの組み合わせで形成されていますが、それは「アパタイトクリスタル・燐灰石」と呼ばれる燐酸カルシウム系の骨格を組成します。このアパタイトクリスタルは体内のいたるところ、とりわけ頭蓋骨や歯、そして全身に多く存在しており、他のクリスタルと同じように潜在的に共鳴性を有しているのです。からだはあらゆる音に対して潜在的に共鳴する性質があるのですが、結晶質構造の私たちのからだに、同じ結晶質の水晶製クリスタルボウルの響きはとりわけ作用しやすいわけです。

欧米では現在、ホリスティック医療の現場で使用されています。

 

ページトップへ戻る

?